山陽新聞デジタル|さんデジ

少し前まで多く来日していた外国…

 少し前まで多く来日していた外国人観光客が意外に興味を示した品の一つに「はんこ」があるという。縁起の良い漢字を外国人名の発音に合うように組み合わせ、アルファベットと一緒に彫った土産用などもある▼何事もサイン一つで済ませる欧米などの人に印鑑は珍しい上、美しく精巧に文字を配したさまが「クール」(格好いい)と映るのか。形式主義の象徴のように言われる日本の「はんこ文化」の別の一面を見た気がした▼そのはんこの旗色がすっかり悪くなっている。新型コロナウイルスの流行で在宅勤務が広がる中、押印のために社員が輪番で出社するなど、効率の悪さが浮き彫りになってしまった▼米メディアは、各方面で先進的技術が駆使されている日本で、役所仕事に広範に残る古い技術の代表に挙げた。コロナ禍を契機に見直しを進める企業が相次ぎ、サントリーやフリーマーケットアプリ大手メルカリなどが「脱はんこ」に踏み切った▼大学でも、東北大が今週から書類への押印を廃止した。100以上の業務をオンライン決裁に移行し、大幅な「時短」につなげるという▼政府でも押印を伴う作業を減らすための議論が始まった。行政手続きや商取引に深く根付いてきた印鑑。外国のお客さんを楽しませているのと同じく、やがては趣味や鑑賞用の品へと変わるのだろうか。

(2020年06月03日 08時00分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ