山陽新聞デジタル|さんデジ

米ズーム、売上高2・7倍に コロナ禍でビデオ通話急拡大

 米新興企業「ズーム・ビデオ・コミュニケーションズ」のビデオ会議システム(同社提供・共同)
 米新興企業「ズーム・ビデオ・コミュニケーションズ」のビデオ会議システム(同社提供・共同)
 【ニューヨーク共同】ビデオ会議システムを運営する米ズーム・ビデオ・コミュニケーションズが2日発表した2020年2~4月期決算は、売上高が前年同期比2・7倍の3億2816万ドル(約350億円)と、大幅に伸びた。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う外出規制を受け、在宅勤務や遠隔授業で利用が急増した。

 ビデオ通話は新たな交流手段として活用され、ヨガや料理のオンライン教室や、お酒を飲みながら友人らと語り合う「オンライン飲み会」も開かれた。

 ズームは5~7月期の売上高は最大で前年同期比3・4倍程度に当たる5億ドルと見込んでいる。

(2020年06月03日 07時27分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ