山陽新聞デジタル|さんデジ

元気君ブロンズ像製作に勝央町へ プロゴルファー東浩子さん寄付

町役場を訪れた東選手(右)
町役場を訪れた東選手(右)
 奇跡の牛として親しまれ、1月に死んだ「元気君」のブロンズ像の製作費に活用してもらおうと、岡山県勝央町在住のプロゴルファー東浩子選手(28)が5月29日、町に20万円を寄付した。

 東選手は町役場を訪問。「子どもの頃、元気君と初めて会って、迫力にびっくりしたことを覚えている」と思い出を振り返り「元気君のために使ってください」と水嶋淳治町長に目録を手渡した。水嶋町長は「本当にありがたい。今後の活躍を期待しています」と述べ、激励品として町マスコットキャラクター「きんとくん」のゴルフクラブ用ヘッドカバーなどを贈った。

 元気君は生後6カ月の1998年10月、台風による洪水で津山市から瀬戸内海まで流されて救出された。人間に換算して105歳ほどの21歳で死んだ。

 町はクラウドファンディングなどで30日まで資金を募り、ブロンズ像を建立する計画。目標額は700万円で、東選手の寄付を含め現在約330万円が集まっている。

(2020年06月02日 18時03分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ