山陽新聞デジタル|さんデジ

笠岡市が10.3億円補正予算案 当初予算に政策的経費計上

 笠岡市は1日、10億3225万円の2020年度一般会計補正予算案を発表した。4月の市長・市議選のため骨格編成だった当初予算に政策的経費を加えた。5日開会の6月定例市議会に提案する。

 笠岡諸島の救急体制充実を図るための救急艇を購入する事業費に3415万円。島民らの新たな移動手段として活用する超小型電気自動車「グリーンスローモビリティ」3台の購入費や運行委託料は1229万円を充てた。20年度内に北木島と高島で運行を始める。

 ほかに、老朽化の進む笠岡運動公園の屋外50メートルプールの撤去工事費3千万円▽新たな工業用地の候補地を調査する事業費535万円▽旧学校給食センターの解体工事実施設計費427万円―などを盛り込んだ。

 補正後の総額は286億8389万円。前年度当初比23・8%増で過去最大だが、新型コロナウイルス対策費として既に補正した48億6963万円を除けば2・8%増となる。

(2020年06月01日 19時47分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ