山陽新聞デジタル|さんデジ

スペイン、非常事態3カ月超継続 6月下旬に終了へ

 マスク姿で議会に出席するスペインのサンチェス首相=5月20日、マドリード(AP=共同)
 マスク姿で議会に出席するスペインのサンチェス首相=5月20日、マドリード(AP=共同)
 【パリ共同】スペインのサンチェス首相は5月31日、記者会見し、新型コロナウイルス対策で3月14日に宣言した非常事態について、下院に「最後の延長」を要請すると表明した。新たな期限は6月21日で、状況が急変しなければ、3カ月以上を経て終了することになる。

 スペイン政府は憲法の規定に基づく非常事態宣言で、人々の移動を制限できるようにした上、通常、地方分権で各自治州に委ねられている保健行政の権限に関し、国が指揮すると定めた。非常事態は下院の承認を得て15日ごとに更新してきた。

 サンチェス氏は、最終期間の非常事態は「これまでと異なり軽いものとなる」と述べた。

(2020年06月01日 08時46分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ