山陽新聞デジタル|さんデジ

G7サミット、9月以降に延期 米大統領、参加国拡大意向

 大統領専用機内で記者団に話すトランプ米大統領(ロイター=共同)
 大統領専用機内で記者団に話すトランプ米大統領(ロイター=共同)
 【ワシントン共同】トランプ米大統領は30日、6月末に首都ワシントンで通常開催を目指していた先進7カ国首脳会議(G7サミット)を、9月以降に延期すると明らかにした。G7の枠組みは「非常に時代遅れだ」と述べ、ロシアや韓国を招き拡大開催したい意向を示した。中国が議題になる見通しで、新型コロナウイルスを巡り対立する中国をけん制する狙い。

 11月の大統領選に向け、新型コロナで打撃を受けた経済の早期回復を目指すトランプ氏は、ホワイトハウスに各国首脳を集め「正常化」をアピールする考えだった。ドイツのメルケル首相の参加辞退の意向で、6月末の開催は困難と判断したもようだ。

(2020年05月31日 12時52分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ