山陽新聞デジタル|さんデジ

6月6日に夜間通行止め 陸閘の点検や訓練で高梁の国道

6月6日に夜間通行止め 陸閘の点検や訓練で高梁の国道
 岡山県は6月6日、高梁市落合町近似の国道313号を夜間全面通行止めにする。国道と高梁川堤防の交差部に設けられた「陸閘(りっこう)」の点検と操作訓練のため。

 午後10時~翌午前1時、陸閘一帯の約40メートル区間を規制し、歩行者も通行できない。県は迂回(うかい)路として市道玉川落合線(4トン以下の車両限定)や県道宇戸谷高梁線などの利用を呼び掛けている。

 陸閘は高梁川増水時に水の流入を防ぐ鉄製ゲート。手動で開閉できるが、2018年の西日本豪雨後の点検でレールにゆがみやさびがあり、動かなかった。県は昨年6月に修理し、年1回の点検と訓練を定めている。

 問い合わせは県備中県民局高梁地域管理課(0866―21―2854)。

(2020年05月30日 22時16分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ