山陽新聞デジタル|さんデジ

シンガポールと中国、渡航緩和へ ネット上では反発や懸念も

 【シンガポール共同】シンガポールと中国両政府は29日、新型コロナウイルスの感染拡大防止のために導入した渡航制限を見直し、6月初旬に両国間のビジネス目的の往来を再開させると発表した。シンガポールがコロナ対策の渡航制限を緩和するのは初めて。観光目的は対象外。

 シンガポールでは住民の外出制限が続いており、インターネット上には「私たちは外食にも行けないのに中国人は入国できるのか」「努力が水の泡になる」などと反発や懸念を示す投稿が相次いだ。

 発表によると、当初は中国の上海市、天津市、重慶市、広東省、江蘇省と浙江省の6地域を対象とし、徐々に往来できる地域を拡大する。

(2020年05月30日 09時29分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ