山陽新聞デジタル|さんデジ

自民、9月入学「来年は困難」 提言案を大筋了承

 自民党の9月入学制に関するワーキングチームは29日の会合で「本年度・来年度のような直近の導入は困難だ」とする提言案を大筋了承した。今後の導入可能性について党や政府に検討も求めた。この表現の一部に出席者から異論が出て、提言取りまとめは見送った。次回会合で了承を取り付けた上で、来週前半にも政府に申し入れる。政府も夏休み前の7月には一定の結論を示したい考えだ。

 提言案は「子どもたちの学びの保障と、秋季入学制度の導入は切り離して検討した」と明記。社会経済への影響の大きさから「国民的合意に一定期間を要する」として導入困難とした理由を説明した。

(2020年05月29日 21時35分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ