山陽新聞デジタル|さんデジ

北九州市長「封じ込めに全力」 26人感染、休業解除から外れる

 記者会見する北九州市の北橋健治市長=29日午後、北九州市役所
 記者会見する北九州市の北橋健治市長=29日午後、北九州市役所
 新型コロナウイルスの感染者が急増している北九州市の北橋健治市長は29日の記者会見で、市立学校は給食を中止して当面午前中の授業のみとし、屋内型の市施設を全て休館するといった対策を発表した。「封じ込めに全力を挙げる」と強調、市民に不要不急の外出を控えるよう呼び掛けた。市では29日、新たに1日で最多となる26人の感染が確認された。

 福岡県は、接待を伴う飲食店など一部業種を対象にした休業要請を、北九州市内で6月1日以降も、6月18日まで延長することを決めた。北九州市を除く県内では要請を解除する。

(2020年05月29日 23時45分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ