山陽新聞デジタル|さんデジ

SBIが福島・大東銀の筆頭株主 17%取得、純投資と説明

 SBIホールディングスは29日、福島県を地盤とする大東銀行(福島県郡山市)の普通株式を既存株主から取得したと発表した。議決権ベースで17・14%の株を保有する筆頭株主となった。

 SBIは地方銀行連合の「第4のメガバンク構想」を掲げている。地銀への出資は5行目となるが、SBIの担当者は「(傘下の)SBI証券を通じた純投資だ」と説明し、昨年以降、協業を進めている4地銀とは異なるとの見解を示した。

 大東銀の鈴木孝雄社長は「筆頭株主の異動はここにきて聞いた話で驚いている。全ての株主に対して経営情報の提供を通じてコミュニケーションを図っていく」とコメントした。

(2020年05月29日 18時30分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ