山陽新聞デジタル|さんデジ

世界のコロナ死者、36万人超す 再び2日で1万人増、拡大衰えず

 インド・ムンバイ最大のスラム、ダラビ地区で、手の消毒の仕方を住民に説明する医療従事者=28日(ロイター=共同)
 インド・ムンバイ最大のスラム、ダラビ地区で、手の消毒の仕方を住民に説明する医療従事者=28日(ロイター=共同)
 【ジュネーブ共同】米ジョンズ・ホプキンズ大の集計によると、新型コロナウイルス感染症による死者が29日、世界全体で36万人を超えた。27日に35万人を上回った際は4日で1万人増と若干鈍化していたが、再び2日で1万人増え、被害拡大が衰えていないことが示された形となった。感染者は580万人を超えている。

 新型コロナによる死者は、3月20日に世界全体で1万人となってから急増。3月25日に2万人を超え、5月23日に34万人を上回るまでは、1~3日ごとに1万人以上増加する状態が約2カ月続いた。

 感染者が172万人と世界最多の米国が、死者数も最多で10万人超。

(2020年05月29日 13時31分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ