山陽新聞デジタル|さんデジ

代理人ボラス「減額合意するな」 選手にMLB案拒否を提言

 スコット・ボラス氏(ゲッティ=共同)
 スコット・ボラス氏(ゲッティ=共同)
 【ニューヨーク共同】米大リーグの大物代理人スコット・ボラス氏が顧客の選手に対し、大リーグ機構(MLB)が選手会に再提示した今季年俸の削減案を拒否するよう提言したと28日、AP通信が報じた。

 再提示案では、当初案の実施されなかった試合数に比例した減額に加え、高年俸選手ほど削減幅が大きくなる。ボラス氏はメールで「オーナー陣を救うために、さらなる減額で合意すべきではない」と訴えたという。

 MLBと選手会は3月下旬に試合数に比例した年俸で合意後、球場での収入が見込めない無観客のケースで見解が対立した。

(2020年05月29日 09時53分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ