山陽新聞デジタル|さんデジ

備中松山城など6月から順次再開 高梁市、マスク着用義務付けも

備中松山城
備中松山城
 高梁市は、新型コロナウイルス感染防止のため4月上旬から休止している備中松山城(同市内山下)など市内観光施設11カ所を、6月1日から順次再開する。

 同城や市観光駐車場(同市下町)など5カ所は1日、吹屋ふるさと村(同市成羽町吹屋)の各施設や大庄屋屋敷・広兼邸(同市成羽町中野)の6カ所は6日からとなる。

 県外観光客が多い同城では、本丸入り口での検温とマスク着用を義務付ける。天守がそびえる臥牛山中腹と麓を結ぶシャトルバス(土日・祝日運行)は、乗車人数を定員の半分以下に減らす。

 28日に市役所で開いた感染症対策本部会議で決めた。

(2020年05月28日 20時09分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ