山陽新聞デジタル|さんデジ

日産連合、分業強化で立て直し 車種投資額を最大40%削減

 インターネットを通じて記者会見する、(左から)ルノーのジャンドミニク・スナール会長、三菱自動車の益子修会長、日産自動車の内田誠社長兼CEO=27日午後
 インターネットを通じて記者会見する、(左から)ルノーのジャンドミニク・スナール会長、三菱自動車の益子修会長、日産自動車の内田誠社長兼CEO=27日午後
 日産自動車と三菱自動車、フランス大手ルノーの3社連合は27日、地域や商品、技術ごとに分業を強化する新たな中期経営計画を発表した。各社の車種に対する投資額を最大40%削減できる見通し。新型コロナウイルス感染拡大で世界的な販売不振に陥っており、連携して立て直しを急ぐ。

 日産は中国や北米、日本、三菱自は東南アジアやオセアニア、ルノーは欧州や南米、北アフリカにそれぞれ経営資源を集中する。3社連合トップがインターネットを通じて記者会見した。

 ルノーのジャンドミニク・スナール会長は3社連合について「全く統合の計画はしていない」と話した。

(2020年05月27日 18時46分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ