山陽新聞デジタル|さんデジ

笠岡湾干拓地でポピー見頃 コロナ感染注意し花楽しむ

笠岡湾干拓地で見頃を迎えているポピー
笠岡湾干拓地で見頃を迎えているポピー
 笠岡市の笠岡湾干拓地で、赤やピンク、白色のポピーが見頃を迎えた。訪れた人たちは新型コロナウイルスの感染に注意を払いつつ、色鮮やかな花を楽しんでいる。

 道の駅笠岡ベイファーム(同市カブト南町)横の約4ヘクタールの畑では、同市が栽培する1千万本とされる花が満開。今月上旬に咲き始め、一帯を彩っている。6月からヒマワリに植え替えるため、観賞できるのは今月末までの予定。

 夫婦で足を運んだ男性(65)=倉敷市=は「マスクを着けたり、人が多くいる場所を避けたりして気を付けながら、きれいな花を堪能できた。気分転換になりました」と話していた。

 同ベイファームは感染予防のため、畑にあるベンチの間隔を広げたほか、展望台の設置を取りやめている。

(2020年05月26日 20時04分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ