山陽新聞デジタル|さんデジ

柔道の向「五輪へしっかり準備」 代表維持決定でコメント

 向翔一郎
 向翔一郎
 全日本柔道連盟が1年延期となった東京五輪の代表維持を正式に決定したことを受け、男子90キロ級で初代表の向翔一郎は26日に「新型コロナウイルスの影響で予断を許さない状況が続いているが、五輪に向けて、しっかりと準備していく」と所属先のALSOKを通じてコメントを発表した。

 富山県出身で24歳の向は富山・高岡第一高―日大で鍛え、鋭い動きと内股、大外刈り、担ぎ技が持ち味。昨夏の世界選手権では2位に入るなど国際大会で実績を重ね、混戦の代表争いを制した。

 向は「金メダルを獲得し、恩師、所属企業、関係者や応援してくださる富山県の皆さまに恩返しをしたい」と決意を示した。

(2020年05月26日 16時28分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ