山陽新聞デジタル|さんデジ

津山市 コロナ対策に2.8億円 補正予算案、クーポン券発行など

 津山市は25日、新型コロナウイルス感染拡大に伴う追加支援として、収束後の消費や旅行需要を喚起するためのクーポン券発行や宿泊者への助成を盛り込んだ2億8259万円の2020年度一般会計補正予算案をまとめた。

 中心商店街などで2千円以上の飲食や買い物をした人に千円のクーポンを5千枚発行する事業に800万円、飲食店支援のため国際ホテル跡地でテークアウト販売の場を設ける事業に286万円を計上。会議や研修、教育旅行、スポーツ大会で市を訪れた団体への助成を新設・拡充するほか、宿泊施設の改修費やキャッシュレス決済機器、空気清浄機などの導入費を補助する。

 感染拡大時の休校に備え、オンライン授業充実のための教職員研修、ネット環境が不十分で自宅で学習できない児童・生徒のための8小中への公衆無線LAN「Wi―Fi(ワイファイ)」整備も盛り込んだ。

 補正後の一般会計の総額は577億8487万円(前年同期比18・0%増)となる。

(2020年05月25日 19時43分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ