山陽新聞デジタル|さんデジ

里庄、矢掛で小中の夏休み短縮 授業日数の不足補うため

 里庄、矢掛町教委は新型コロナウイルス感染拡大を受けて臨時休校した町立小中学校について、授業日数の不足を補うため、夏休みを短縮する。

 里庄町教委は3小中の夏休みを8月1~19日の19日間と決めた。町教委によると3校とも授業日数が21日分不足しているが、短縮により小学校で14日分、中学校は12日分をカバーできる。

 矢掛町教委は8小中の夏休みを8月1~24日の24日間とした。町教委は授業日数が8校とも13日分不足しており、短縮で8日分を補えるとした。

 両町教委とも残る日数分は、学校行事の見直しなどを通じて確保する方針。

(2020年05月25日 18時00分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ