山陽新聞デジタル|さんデジ

新型コロナ 広島県内で3人目死者 入院中の高齢患者

広島県庁
広島県庁
 広島県は24日、新型コロナウイルスに感染し、県内の医療機関で入院治療を受けていた高齢の患者が亡くなったと発表した。県内での感染者の死亡は3人目。

 県は、居住地や性別、年代、病状などは遺族の意向で公表しないとしている。県内の感染者数は同日午後4時現在、再陽性(3人)を除き164人。4日から新規感染者が確認されていない。

【新型コロナウイルス エリアの最新ニュースまとめ】


(2020年05月24日 19時10分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ