山陽新聞デジタル|さんデジ

江尻さん(岡山)が4度目V 県アマ囲碁最強者戦 佐田さん下す

優勝を決めた第3局を振り返る江尻さん(右)。左は佐田さん
優勝を決めた第3局を振り返る江尻さん(右)。左は佐田さん
 「第55回県アマチュア囲碁最強者戦」(岡山県アマチュア囲碁連盟、山陽新聞社主催)の決勝3番勝負が23日、岡山市北区柳町の山陽新聞社で打たれ、江尻敏彰さん(55)=同市中区=が、佐田勝典さん(62)=同市北区=を2―1で下し、4年ぶり4度目の優勝を果たした。

 黒番6目半コミ出し、持ち時間各1時間半で対局した。第1局は中盤、黒番の佐田さんが江尻さんのミスを突いて逆転し、中押し勝ち。手番が入れ替わった第2局は、江尻さんが中盤から徐々に優勢を築いて23目半勝ちし、タイに持ち込んだ。

 最終局は右辺から中央にかけて地を広げた白番の江尻さんが、冷静に打ち回して押し切り、中押し勝ちした。

 「勝ち負けより自分の碁を打つことにこだわった。結果がついてきたのはうれしい」と江尻さん。初優勝にあと一歩届かなかった佐田さんは「相手を研究して臨んだが、2、3局目は自力の差が出た。また来年頑張りたい」と話した。

 最強者戦は郷土ゆかりの強豪24人が出場。4月にトーナメントの準決勝まで行った。

(2020年05月23日 22時57分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ