山陽新聞デジタル|さんデジ

黒川氏、退職金は6000万円か 「訓告」処分は満額支給

 東京高検の黒川弘務検事長
 東京高検の黒川弘務検事長
 賭けマージャンをし、法務省の内規による訓告処分を受け、辞職した東京高検の黒川弘務検事長(63)には、満額の退職金が支払われる見通しだ。国家公務員法に基づく懲戒ではない訓告のケースについて、不支給や減額とする規定が国家公務員退職手当法にはないからだ。政府はプライバシーを理由に額を明らかにしていないが、野党議員らの試算では、6千万~7千万円程度に上る。

 国家公務員法による懲戒処分は、重い順に「免職」「停職」「減給」「戒告」の四種類。各省庁は懲戒処分のほかに内規を設けており、法務省は戒告よりも軽い処分として、「訓告」「厳重注意」などを定めている。

(2020年05月22日 21時13分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ