山陽新聞デジタル|さんデジ

リベッツ、吉田と町の契約更新 昨季ダブルスでチームけん引

吉田雅己(左)と町飛鳥
吉田雅己(左)と町飛鳥
 卓球Tリーグ男子の岡山リベッツは22日、11月開幕の新シーズンに向け、1月の全日本選手権シングルスで4強入りした吉田雅己(25)と、昨季ダブルスでチームをけん引した町飛鳥(26)との契約を更新したと発表した。2人は青森山田中学・高校の同級生で、ともに本年度のナショナルチーム候補選手に選ばれている。

 北海道出身の吉田はリベッツ発足時からのメンバー。過去2季を通じて唯一、全試合でベンチ入りしている。両ハンドの強烈なドライブに加え、戦術面にも優れる。昨季はシングルスでチームトップとなる8勝(9敗)。来季に向けて「チームを引っ張っていく存在になる」と言葉を寄せた。

 昨季加入した町は神奈川県出身。ミスの少ないプレーが持ち味のオールラウンダーで、2014年全日本選手権シングルス準優勝の実績を持つ。昨季はエース森薗らと組み、7勝(4敗)したダブルスの活躍が光った。「チームの勝利に貢献する」とコメントした。

(2020年05月22日 21時02分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ