山陽新聞デジタル|さんデジ

名称 新型コロナ相談センターに 県、「帰国者・接触者相談」から

岡山県庁
岡山県庁
 岡山県は22日、新型コロナウイルスへの感染が疑われる人を対象とした帰国者・接触者相談センターについて、「新型コロナウイルス受診相談センター」に名称変更したと発表した。医療機関に設けている帰国者・接触者外来(39施設)の名称も同日、「新型コロナウイルス外来」とした。

 センターは県内11の保健所・支所に設けられた電話相談窓口。感染の疑いがある人から症状などを聞き取り、専門外来への受診などを調整している。名称変更後も業務は従来と変わらない。

 帰国者・接触者相談センターは当初、新型コロナの感染が最初に確認された中国・湖北省への渡航歴があるか、渡航者と接触した人を主な対象としていた。国内での感染拡大を受けて、名称が実態に合わくなっていたため改めたという。

(2020年05月22日 20時41分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ