山陽新聞デジタル|さんデジ

倉敷・天城学区の防災マップ作製 地区社協、豪雨浸水エリアを表示

天城学区の防災マップ。表面(右)は地区ごと、裏面は学区全体の地図を載せ、避難所や危険箇所を示している
天城学区の防災マップ。表面(右)は地区ごと、裏面は学区全体の地図を載せ、避難所や危険箇所を示している
避難所となる学校に取り付けた案内板
避難所となる学校に取り付けた案内板
 川が増水しやすい出水期を控え、倉敷市の天城学区コミュニティ・地区社会福祉協議会が、避難所や危険箇所をまとめた「天城学区防災マップ」を作った。一部エリアに床下浸水の被害が出た西日本豪雨を受けて企画。市によると、小学校区単位での先進的な取り組みという。

 同協議会の役員や保健師、地区社協関係者らでつくる「小地域ケア会議」のメンバー、住民有志ら約40人が、地域を実際に歩いて危険箇所を確認するなどし、約1年半かけて完成させた。

 マップ(A2判)は表面に9地区ごと、裏面に学区全体の地図をそれぞれ掲載。指定、届け出、緊急、福祉の各避難所や病院、用水路をはじめ、西日本豪雨で浸水したエリアなどを示した。

 「家族間で連絡方法、避難場所を決めておこう」などと記した「学区防災6カ条」も載せた。家族や地域で防災について話し合う材料にしてもらう。全3400世帯に配っている。

 マップのほか、避難所の3校(天城小、多津美中、天城高)には案内板を設置。災害種別ごとの利用の可否をピクトグラム(絵文字)などで表し、体育館まで誘導する校内の施設配置図を掲げている。ごみステーション(180カ所)にも張る予定。また、全ての災害の避難所に指定されている天城高の周辺道路(16カ所)には、同高までの距離などを記した表示板を掲げた。

 同協議会の岩谷義雄事務局長は「マップや案内板作りを通じて、住民の防災意識が高まり、地域の絆も深まった。コロナ禍があるが、災害は忘れた頃にやってくるのでしっかり備えたい」と話している。

(2020年05月24日 19時47分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ