山陽新聞デジタル|さんデジ

「おかやまマラソン」初の中止に コロナで参加者の安全確保困難

昨年のおかやまマラソン
昨年のおかやまマラソン
 岡山県や岡山市など56団体でつくる「おかやまマラソン」の実行委員会は21日、新型コロナウイルス感染拡大を受け、11月8日に岡山市内で開催予定だった第6回大会を中止すると発表した。収束が見通せない中、ランナーやボランティアら参加者の安全確保が困難と判断した。2015年に始まった同マラソンの中止は初めて。

 大会はフルマラソン(定員1万5千人)と5・6キロのファンラン(同1400人)の2部門。全国から多くのランナーが参加するため、スタッフや沿道の応援者らを含めて感染リスクを排除できないことや、大会運営に不可欠な医療関係者やボランティアの確保が不透明なことなどを踏まえて決めた。

 今回、ランナー募集を4月8日~5月18日に行い、フルマラソン2万541人、ファンラン1447人の計2万1988人の申し込みがあったが、中止決定により抽選はしない。応募者にはメールか郵送で通知する。

 今後は感染状況などを見極めながら、来年11月の開催の可能性を探る。岡山市内で記者会見した同実行委の越宗孝昌会長(山陽新聞社相談役)は「苦渋の選択だが、安全を最優先した。次回が魅力的な大会になるように引き続き努めていきたい」と述べた。

(2020年05月21日 19時41分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ