山陽新聞デジタル|さんデジ

加藤紀文・元参院議員が死去 71歳、総務副大臣など歴任

加藤紀文氏
加藤紀文氏
 元参院議員で総務副大臣を務めた加藤紀文(かとう・のりふみ)氏が18日、骨髄異形成症候群のため倉敷市内の病院で死去した。71歳。笠岡市出身。自宅は岡山市中区門田屋敷。葬儀は妻正子(まさこ)さんを喪主に親族のみで行った。

 父の故加藤武徳参院議員の秘書を経て、1992年に参院岡山選挙区から自民公認で初当選。2004年まで2期務め、通産政務次官、科学技術政務次官、参院経済産業委員長などを歴任した。19年春に旭日重光章を受章。元農相の故加藤六月氏は叔父、厚生労働相の加藤勝信氏は義理のいとこにあたる。

(2020年05月21日 07時00分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ