山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山市立小中 今夏の水泳授業中止 市教委通知、更衣室で3密懸念

岡山市内の小学校でプールの授業を楽しむ児童たち(写真と本文は関係ありません)
岡山市内の小学校でプールの授業を楽しむ児童たち(写真と本文は関係ありません)
 岡山市教委は20日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、市立小中学校全129校で今夏の水泳の授業を取りやめることを明らかにした。更衣室の狭い学校が多いことなどから、「3密」(密閉、密接、密集)の状態を避けにくいと判断した。

 同日開かれた市議会新型コロナウイルス感染症対策調査特別委員会で報告した。授業前後に更衣室で密集状態になって着替えたり、プール内では子ども同士が接近するのを防ぎにくかったりすることから中止を決め、同日付で各校に通知した。

 指導できなかった内容について、市教委は来年度の水泳の授業時間を増やして対応するよう各校に求める。

 市教委は「多くの子どもたちが楽しみにしている授業でもあり、実施できないのは残念。子どもたちの健康を第一に考えた」としている。

 市立小中学校は、新型コロナの緊急事態宣言の拡大を受けて4月21日から休校中で、21日に再開する。

(2020年05月20日 18時52分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ