山陽新聞デジタル|さんデジ

熱中症 コロナ禍で一層の注意を

 夏に向けて暑くなり、熱中症の危険性が高まるシーズンを迎えた。新型コロナウイルスの感染も引き続き懸念されており、マスクの着用や運動不足によって熱中症リスクが例年以上に高まっているとされる。こまめな水分補給など予防策を徹底したい。

 熱中症の予防や対策を啓発している全国の医師らでつくる「教えて!『かくれ脱水』委員会」が今月発表した緊急提言によると、今年は多くの人が春に外出を自粛していたことから、汗をかいたり運動をしたりすることが少ない傾向にあり、暑さに体が慣れていない。水分をためる機能を持っている筋肉量も少ないため、脱水になりやすい状態にあるとされる。

 新型コロナ対策としてのマスクの着用が、熱中症の危険性を高める要因の一つとなっていることにも注意したい。体内に熱がこもりやすいほか、口の中が湿っているため、喉の渇きに気づきにくくなっている。特に高齢者は、もともと喉の渇きを自覚しにくく、知らないうちに脱水が進む可能性がある。

 熱中症予防は水分補給や、冷房機器の適切な使用など暑さ対策がポイントとなる。この他、湿度が高くならないようこまめに換気する、よく睡眠をとり疲労をためない、人混みを避けた散歩や室内での軽い体操―なども大切だ。

 「かくれ脱水」委員会の緊急提言は、体が脱水状態になると、免疫機能が落ちることにも注意を呼び掛けている。空気の通り道である気道には粘膜や繊毛があり、それらがある程度潤っていることによってウイルスや細菌などの異物が体内に侵入するのを抑える機能が発揮されるからだ。十分な水分摂取は、ウイルス感染を防ぐためにも重要といえよう。

 熱中症対策の一環として環境省が毎日公表している「暑さ指数」も役立てたい。熱中症の危険度を示す数値で、気温や湿度、日差しの強さを基に算出される。同省のホームページで、全国840地点の1時間ごとの実況値と翌々日までの3時間ごとの予測値を掲載している。

 危険度は、31度以上が「危険」、28度以上で「厳重警戒」、25度以上で「警戒」など5段階で示す。厳重警戒以上は激しい運動を中止すべきだとされており、学校行事やスポーツ大会の実施基準にも使われている。ただ、暑さ指数に対する国民の認知度は低く、一層の周知も必要だ。

 地球温暖化の進展に伴い、夏の気温は上昇傾向にある。消防庁によると、昨年5月から9月までに熱中症で救急搬送されたのは7万1千人余りに上っている。新型コロナの感染が続く中、熱中症の増加によって地域の救急医療体制が大きく揺らぐ事態も懸念されている。

 熱中症の予防は自分自身だけでなく、地域医療を守ることにもつながるとの認識を改めて持ちたい。

(2020年05月18日 08時00分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ