山陽新聞デジタル|さんデジ

国産ワクチン21年春にも実用化 コロナ用開発進める大阪大大学院・森下教授(総社市出身)

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ切り札として期待されるワクチンの開発に、大阪大大学院の森下竜一寄付講座教授(58)=総社市出身=が挑んでいる。同大発創薬ベンチャーのアンジェスと組み、臨床治験を7月...

(2020年05月18日 08時31分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ