山陽新聞デジタル|さんデジ

シニア体操 きょうも元気に(5)膝を伸ばす

シニア体操 きょうも元気に(5)膝を伸ばす
 今回から脚を動かす体操が続く。重りベルトを足首に巻けば負荷がかかり、筋力をいっそう鍛えられるが、まずは重りを使わずに取り組もう。1カ月ほど続けられれば、重りをつけることも考えたい。

 最初はももの前側の筋肉を動かそう。この運動を行うには椅子に座り、背もたれにもたれず、足の裏をしっかりと床につける。両手は座面の端をつかむ。その体勢から一方の膝を4秒かけて伸ばし、また4秒かけて元に戻す。10回動かしたら、もう一方の膝でも行う。息を止めながら動かすのは良くない。

 足首を起こし、つま先が天井を向くように膝を伸ばすのがポイントだ。ももに力が入っていることを意識しながら行えば効果が高まる。

 ■運動の目安

 左右の脚でそれぞれ10回を1セットとし、1日に2、3セット行う。休憩時間は体調に合わせて調整する。

(2020年05月17日 07時00分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ