山陽新聞デジタル|さんデジ

和気町、全町民に商品券7千円 給付金対象外の新生児に10万円

 岡山県和気町は14日、新型コロナウイルス感染拡大に伴う独自の支援策を発表した。全町民に商品券7千円を配るほか、大学生らに1人当たり5万円を支給。全国民に10万円を配る国の「特別定額給付金」の対象外となる新生児に町が同額を贈る。

 商品券は町が発行し、町内のスーパーや飲食店などで使用できる。支給時期などは今後決める。支援金は大学生、専門学校生らに5万円、高校2、3年生に1万円を6月に支給する。町内在住または町民が扶養する子どもが対象。特別定額給付金は4月27日時点で住民基本台帳に記載されていないともらえないが、4月28日~来年4月1日に生まれた子どもにも独自に届ける。

 これらを含む新型コロナ対策6事業の総額1億4567万円を計上した2020年度一般会計補正予算案を21日の町議会臨時会に提案する。

【新型コロナウイルス 生活・経済支援まとめ】

(2020年05月14日 19時29分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ