山陽新聞デジタル|さんデジ

高梁市、マスク購入券配布へ 15日から、各世帯50枚分

高梁市役所で不織布マスクを整理する市職員
高梁市役所で不織布マスクを整理する市職員
 高梁市は15日から、新型コロナウイルス感染症の影響で品薄となっている不織布マスク1箱(50枚入り)の購入券を、市内全世帯に原則1枚ずつ配布する。市が販売を委託した薬局など市内15カ所に券を持参すれば同日から2千円で入手できる。

 マスクの購入機会を設けて感染防止を図る市独自の事業で、市によると価格は市価の約2割引きという。券は町内会を通じて各世帯に配り、町内会未加入世帯は市役所や各地域局、各市民センターに申し出ればその場で交付する。5人以上の世帯も同様に申請すればもう1枚追加する。期間は6月30日までで転売はできない。

 販売場所は県薬剤師会高梁支部加盟の薬局か市社会福祉協議会の本所と支所。市は市内全世帯分を賄える70万枚を購入し、14日までに配送を終えた。事業費は3861万円。

 市感染症対策室は「マスクは十分な量を確保している。感染防止に役立ててほしい」としている。問い合わせは同室(0866―21―1180)。

 同協議会を除く販売場所は次の通り。

 エスマイル薬局高梁店(南町)同成羽店(成羽町下原)おがわ薬局(落合町阿部)落合薬局(同)クオール薬局高梁南町店(南町)同高梁店(落合町阿部)サニードラッグ小林日進堂(中原町)成羽かわかみ薬局(成羽町下原)のぞみ薬局(東町)マスカット薬局(柿木町)

(2020年05月14日 17時25分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ