山陽新聞デジタル|さんデジ

スコアを落としても自信は失わなかった 渋野日向子(ゴルフ)

中学1年生で出場した「岡山県ジュニアゴルフ選手権」(2011年8月)では、中学生女子の部で2位に4打差を付けて初の頂点に立った。ラウンド中の心境を聞かれ一言。渋野はこの試合、積極的にバーディーを奪っていく姿勢を最後まで貫いた。
スコアを落としても自信は失わなかった 渋野日向子(ゴルフ)

スポーツは、一瞬に凝縮された「人生」だ。
苦しくても、諦めない。一度の敗北で、全てが終わるわけじゃない。困難の時にも自らを鍛え、戦い続けるアスリートの姿と言葉に、私たちは勇気づけられる。
「コトバのチカラ」は、あなたとアスリートを応援するサイトです。
一覧へ戻る
“コトバのチカラ”は全国24のメディアとGoogle ニュースイニシアティブの協力で運営しています。

(2020年05月15日 05時56分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ