山陽新聞デジタル|さんデジ

(13)思い出編(6)美術監督・男鹿和雄さん 里山の風景に強い憧れ

「里山に向けた高畑監督の温かなまなざしが印象深い」と話す男鹿さん
「里山に向けた高畑監督の温かなまなざしが印象深い」と話す男鹿さん
田辺修さんが手掛けた「かぐや姫の物語」のキャラクター設定画
田辺修さんが手掛けた「かぐや姫の物語」のキャラクター設定画
 「となりのトトロ」(1988年)の試写会の時でした。僕は30代半ばで、宮崎駿監督に誘われ初めてジブリ作品に参加したんです。試写が終わって会場を出た僕を、高畑勲監督はわざわざ追いかけてきて「背景も美術もとても良かった」とほめてくれたんです。とてもうれしくて、この言葉が財産となり、ジブリの仕事をやる上で大きな自信となりました。

 その後に誘われた「おもひでぽろぽろ」(91年)では、秋田県出身の僕が思う存分仕事できるよう、東北を作品の舞台に選んでくれたようです。「平成狸合戦ぽんぽこ」(94年)で、東京の多摩丘陵を舞台にしたのも近くに住んでいた僕への配慮があったと聞きます。自然風景を描くのが好きだったので、監督のおかげで大いに楽しめましたね。

 高畑監督がこれらの作品で里山を扱ったのは、強い憧れがあったからなんです。繰り返し「ほどよく人の手が加わった里山は再生可能な暮らしを生み、心地よい風景を織りなす」と説いてくれました。「ぽんぽこ」では里山の造成による乱開発に警鐘を鳴らし、「おもひで…」では農業と農家の営みの大切さを伝えたといえます。

 「かぐや姫の物語」(2013年)も同様に里山の描写にこだわられました。絵巻風のダイナミックな作品で、背景もラフで白く“抜き”つつ、ある程度描き込んでほしいと。里山が放つ、地球の生命力のようなものを表したかったんでしょう。「私もここで育ちたい、行ってみたい」との思いを込めて描きました。高畑監督は里山へ温かなまなざしを注ぎ続けていたんです。

 背景をとても大切にしてくださる方でした。僕の背景を、爽やかな風が吹き抜けるようだと言ってくれました。この言葉を念頭に、存在感を放ちつつも風通しのよい背景を心掛けてこれました。

 おが・かずお 1952年秋田県生まれ。デザイン専門学校を経て、アニメーション背景美術を手掛ける小林プロダクション(東京)に入社し、数々のアニメ作品に参加。「となりのトトロ」以降、スタジオジブリ作品では高畑勲監督の「おもひでぽろぽろ」と「平成狸合戦ぽんぽこ」で美術監督、「もののけ姫」で共同美術監督。現在はフリーの立場で絵本や挿絵も手掛けている。東京都八王子市。

地方の文化、風土大切に アニメーター・田辺修さん

 高畑勲さんにとって、岡山県出身のアニメーターは珍しかったみたいですね。原画で参加した「おもひでぽろぽろ」の時にジブリに席を作ってもらい、高畑さんと話すようになったんです。演出を務めた「ホーホケキョ となりの山田くん」(1999年)と、人物造形・作画設計の「かぐや姫の物語」では、隣で机を並べて作業したんですが、よく故郷の話題で盛り上がったのがいい思い出です。

 高畑さんの幼少時のエピソードで、もらってきた雄鶏(おんどり)に卵を産ませようと大切に世話をした、という話が心に残っています。高畑さんの両親は「雄だから卵を産めない」とは諭さず、ただ温かく見守って、自分自身で考えさせようとしたようです。そういう環境で育ったからこそ、深く考えることを楽しむ人柄がつくられたのだと思います。

 高畑さんは、地方の文化や風土を本当に大切にしていました。二人でいると、よく「岡山弁、しゃべってみてよ」と言われたものです。特に擦りむいた時の「はしる(ひりひり痛む)」との言葉が好きで、「あの表現はいいね」と言っていましたよ。倉敷に住む私の母と電話でやりとりした際には、母の「かえってくりゃえーのー(帰ってくればいいのに)」などの言葉からにじみ出る、独特の「思いの強さ」に感動したようでした。

 「平成狸合戦ぽんぽこ」では瀬戸内海のシーンがあり、「海の色はこれでいいか確認してほしい」と言われたことがあります。私は瀬戸内海と日本海の色の違いなんて意識したこともなかったので、戸惑いました。

 高畑さんといると、そこまで深く考えるのかと、感心させられることばかりでした。物の捉え方や物事の楽しみ方など、間近で学ばせていただいた。私にとってまさに大人のかがみのような方でした。

 たなべ・おさむ 1965年倉敷市生まれ。岡山大教育学部卒業後、アニメ制作会社オープロダクションに入社。テレビ、ビデオアニメ制作などに携わった後に独立した。高畑勲監督からの信頼は厚く、ジブリ作品の「ホーホケキョ となりの山田くん」で演出に抜てき、「かぐや姫の物語」では製作の中心を担った。テレビCMやプロモーションビデオの演出、作画も行っている。埼玉県川越市。

 =おわり=

(2020年05月14日 09時01分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ