山陽新聞デジタル|さんデジ

讃岐のU(うどん)チューバ― 店主や職人がユニーク動画投稿

「おうどん倶楽部」が投稿した動画の一場面
「おうどん倶楽部」が投稿した動画の一場面
 「おれたち“U(うどん)チューバー”」―。香川県内の讃岐うどん店主や職人が、動画投稿サイト「ユーチューブ」に専用チャンネル「おうどん倶楽部(くらぶ)」を開設し、プロの技術と視点を生かした動画を配信している。メンバーは「新型コロナウイルスの収束後に讃岐うどんを満喫するきっかけにしてほしい」と呼び掛けている。

 中心となっているのは、「本格手打ちうどんもり」(三豊市)を経営する森圭介さん(33)、「うどんの館大庄屋」(同県琴平町)の山地英登専務(41)と山下剛史工場長(47)の3人。昨年秋に森さんが「讃岐うどんを面白く発信したい」と持ち掛け、動画制作に着手。アイデアを出し合い、今年1月から投稿を開始した。

 森さんと山下さんが出演し、山地さんが撮影を担当。これまでに3~10分程度の9本を投稿しており、山下さんが熟練の技を披露する「プロのうどん屋は目隠ししてもうどんが打てるのか?」、善通寺市内のうどん店でチャレンジメニューを体験する「激熱うどんに挑戦」といったユニークな企画ばかり。一見こわもての森さんと温和な山下さんのやりとりも見どころという。

 3人は「動画を見てくすっと笑ってもらい、家にいても讃岐うどんを少しでも身近に感じてもらえれば」と話している。

(2020年05月12日 23時22分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ