山陽新聞デジタル|さんデジ

天文の工作や塗り絵 家で楽しんで 浅口の博物館 HPに紹介コーナー

岡山天文博物館がホームページに開設した「おうちはくぶつかん」の画面
岡山天文博物館がホームページに開設した「おうちはくぶつかん」の画面
 新型コロナウイルス感染症の影響による休校・休園が続く中、子どもたちの家庭学習や息抜きに活用してもらおうと、岡山天文博物館(浅口市鴨方町本庄)は、同館ホームページに「おうちはくぶつかん」を開設した。天文に関する知識や簡単にできる工作などを紹介している。

 6月21日に起きる部分日食の見え方や太陽の特徴などを分かりやすく解説した「博物館通信」、プリンターで印刷して楽しむ「太陽系の塗り絵」、らせん状にした針金を伝ってやじろべえが回りながら降りる「ぐるぐるスパイラル」の工作方法などを掲載。随時、内容を追加していく。

 同博物館は、感染拡大防止のため臨時休館中だが、職員は平常通り出勤している。問い合わせは同博物館(0865ー44ー2465)。

(2020年05月12日 10時05分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ