山陽新聞デジタル|さんデジ

シニア体操 きょうも元気に(2)つま先立ち

シニア体操 きょうも元気に(2)つま先立ち
 脚の筋肉には下半身の血液を上半身に押し上げて循環させるポンプ作用があり、特にふくらはぎは“第二の心臓”とも言われる。今回はふくらはぎを鍛える運動を紹介する。

 まず椅子の背もたれやテーブルに手をついて立ち、背筋を伸ばし、両足を肩幅に開く。その体勢から4秒かけて両足でつま先立ちになり、また4秒かけて元に戻す。この動きを10回繰り返す。体調に合わせて休憩を取りながら、1日に20~30回を目安に行う。決して無理はしない。

 この動きで大切な点は、つま先立ちしてから元に戻す動きが速くなりがちなため、ゆっくりと下ろすようにすることだ。運動中に息を止めないことも心掛ける。

 余裕を持ってつま先立ちができる人は両足を閉じ、体勢をあえて不安定な状態にして行えば、バランス感覚も養える。挑戦してみてはどうだろう。

(2020年05月11日 09時06分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ