山陽新聞デジタル|さんデジ

【列車情報】瀬戸大橋線に遅れ 茶屋町―久々原間で遮断棒折れる

 JR西日本によると、9日午後8時50分ごろ、瀬戸大橋線の茶屋町駅(倉敷市)―久々原駅(岡山県早島町)間で踏切の遮断棒が折れていたため、徐行運転した。この影響で、同線の列車に最大約20分の遅れが出ている。(午後9時8分現在)

(2020年05月09日 21時23分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ