山陽新聞デジタル|さんデジ

新型コロナ 倉敷の30代男性感染 市内初、岡山県内23人目

倉敷市役所
倉敷市役所
 倉敷市は8日、市内の30代の男性会社員が新型コロナウイルスに感染したと発表した。岡山県内での感染確認は再陽性を除き23人目、同市内では初めて。

 市によると、男性は4月22日に発熱。味覚障害もあり、27日に市内の医療機関を受診した。いったん症状は改善したものの、今月4日に再度発熱し、8日にPCR検査で陽性が判明した。現在は微熱があるが、症状は安定しているという。

 男性は1人暮らしで、4月9~11日に同僚3人と高知県に出張した。12~21日は市内の会社に勤務。出張も含めて仕事中は常時マスクを着用していた。最初に発熱した22日以降は会社を休んでいる。市は男性の詳細な行動歴とともに、濃厚接触者の有無を含め調べている。

【新型コロナウイルス 岡山の感染状況まとめ】

(2020年05月08日 20時35分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ