山陽新聞デジタル|さんデジ

自宅で“車両”作ろう 大人向け 井原鉄道がペーパークラフト

井原鉄道が自宅での製作を勧めているペーパークラフト
井原鉄道が自宅での製作を勧めているペーパークラフト
 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため外出の自粛が広がる中、井原線を運行する井原鉄道(井原市東江原町)が自宅で楽しめるオリジナルのペーパークラフトをPRしている。希望者は誰でも同社ホームページ(HP)から素材を取り込んで車両の模型を作ることができる。

 模型は井原線(総社―神辺間、41・7キロ)を走る軽量ディーゼルカーの約80分の1サイズで、長さ23センチ、幅3・5センチ、高さ5センチほど。シルバーのボディーと連結部分のドア、車輪やそれを支える台車などを別々の部品として切り抜き、組み立てる。

 接着を含めて細かな作業が必要となるため主に大人向けで、完成に3~4時間かかるという。作りたい人は、部品の台紙をHPから無料でダウンロードして印刷する。

 ペーパークラフトは1999年1月の井原線開業時からHPに載せている。新型コロナの感染拡大を受け、4月中旬にトップページに移してアピールを強めた。同社は「作り始めると、あっという間に時間が過ぎるはず。“自宅ライフ”にいかが」と勧めている。

(2020年05月07日 16時07分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ