山陽新聞デジタル|さんデジ

美作大・短大でオンライン授業 講義動画を共有、質疑も

学習管理システムやビデオ会議アプリを使って授業する納庄教授
学習管理システムやビデオ会議アプリを使って授業する納庄教授
 新型コロナウイルス特措法に基づく緊急事態宣言が全国に拡大されたのを受けて一時休校していた美作大・短期大学部(津山市北園町)は27日、オンラインによる授業を始めた。宣言の解除などで対面授業が再開できるようになるまで行う。

 学習管理システムで資料や講義動画を共有できるようにし、学生がログインして受講する。チャット機能を使ったやりとりもでき、必要に応じてビデオ会議アプリも併用する。

 初日は22の授業があり、食物学科の納庄康晴教授の授業には4年生6人がアパートや寮からビデオ会議アプリで“出席”。講義動画を確認するなどした。

 管理栄養士を目指す学生(21)は「国家試験を控えて登校できない不安はあるが、オンライン授業は仲間と話せて楽しいし刺激になる」。納庄教授は「制約がある中でも前向きにできるだけのことをしたい」と話した。

 大型連休中も土日曜を除き実施する。機器やネット環境が不十分な学生には学内施設を一部開放するなど、全員が受講できるよう配慮している。

(2020年04月27日 20時09分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ