山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山県内のコロナ感染21人に 県北の津山で初確認

岡山県庁
岡山県庁
 岡山県と岡山市は24日、新たに2人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。岡山市の60代女性と津山市のパート従業員の50代女性で、県内での感染確認は計21人となった。

 岡山市によると、同市の女性は、14日に感染が分かった70代男性会社員と同居する妻。濃厚接触者として15日にPCR検査を受けて陰性とされたが、22日からせきなどが続いたことから再検査し、24日に陽性と判明した。濃厚接触者でいったん陰性とされた後に陽性と判定された県内初のケース。女性は軽症で主に自宅で過ごし、現時点で濃厚接触者はいないという。

 県が発表した津山市の女性は13日に発熱。一度は解熱したものの20日に38度の発熱があり、医療機関で肺炎の症状が確認されたため、24日にPCR検査を受けた。現在は軽症といい、25日に入院する予定。12日以降は仕事を休み、ほとんど自宅で過ごしていた。発症前2週間は県外に出ておらず、感染経路は不明。現時点で判明している濃厚接触者は同居の家族2人で、25日に検査する予定。県北での確認は初。

 津山市で感染が確認された女性について、ナンバホームセンター(同市材木町)は24日、院庄店に勤める従業員だと明らかにした。同社によると、女性はレジ業務や商品の陳列などに従事。同店の従業員はアルバイトを含め46人で、他に症状が出ている人は確認されていないという。同店は25日に臨時休業し、消毒作業を行う。

 岡山市はまた、市内の感染者2人が23日までに退院したことも明らかにした。退院は県内で7人となった。

【新型コロナウイルス 岡山の感染状況まとめ】

(2020年04月24日 22時22分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ