山陽新聞デジタル|さんデジ

チューリップ2500本見頃 グリーンヒルズ津山

見頃を迎えたチューリップ
見頃を迎えたチューリップ
 津山市大田の都市型公園・グリーンヒルズ津山でチューリップが見頃を迎えている。赤、白、黄、紫の4種類、約2500本があり、4月末まで見られる見込み。

 チューリップがあるのは、2000年の日蘭友好400周年を記念して設けられた花壇。津山藩で洋学(蘭学)が盛んだったこともあり、400周年記念の一環で市と交流のあるオランダから球根が届けられたのを機に毎年育てられている。

 公園を管理している市都市計画課公園緑地係によると、今年は暖冬で例年より1週間ほど早い3月下旬に咲き始めた。菜の花やビオラも見頃で5月初めまで見られる見通し。

 同係は新型コロナウイルス感染拡大防止のため「他の人と密着しないよう間隔を空けるなど注意してほしい」としている。

 問い合わせはグリーンヒルズ津山リージョンセンター(0868―27―7150、火曜休館)。同センターは新型コロナ対策で受け付け業務とトイレ利用のみとなっている。

(2020年04月24日 08時09分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ