山陽新聞デジタル|さんデジ

また微妙なラインを取ってしまった。詰めが甘い 小原怜(陸上)

東京五輪のマラソン代表選考会「グランドチャンピオンシップ」(2019年9月15日)で2位と4秒差で代表獲得を逃しての一言。前回大会のリオ五輪代表を懸けた選考会「名古屋ウィメンズ」(2016年3月)では、日本人トップを田中智美(当時第一生命)にゴール直前でかわされ代表を逃した。
また微妙なラインを取ってしまった。詰めが甘い 小原怜(陸上)

スポーツは、一瞬に凝縮された「人生」だ。
苦しくても、諦めない。一度の敗北で、全てが終わるわけじゃない。困難の時にも自らを鍛え、戦い続けるアスリートの姿と言葉に、私たちは勇気づけられる。
「コトバのチカラ」は、あなたとアスリートを応援するサイトです。
一覧へ戻る
“コトバのチカラ”は全国24のメディアとGoogle ニュースイニシアティブの協力で運営しています。

(2020年04月27日 05時58分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ