山陽新聞デジタル|さんデジ

学校教育以外の利用休止、高梁市 5月6日まで、小中高校施設

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、高梁市は、グラウンドや体育館など市内小中高校施設の学校教育以外の利用を国の緊急事態宣言発令期間の5月6日まで中止する。

 感染拡大に伴う宣言を受け、市独自に実施している市内の観光・文化、体育施設の休館に続く対応。市教委によると、学校施設は主に市内のスポーツ団体が使っているが、人同士の接触機会をなるべく減らして予防を徹底するため、休止対象に加えた。

 併せて市は、宣言区域も含めて不特定多数の利用が見込まれる市観光駐車場(下町)、商家資料館(本町)、吹屋ふるさと村郷土館(成羽町吹屋)などの休止・休館も追加決定した。市図書館(旭町)を除く図書館施設(成羽図書館、有漢、川上、備中の3図書室)は予約による図書の貸し出しのみ対応する。

 これで一部休止を含む市内休館施設は47カ所となった。対象施設は市のホームページに一覧を掲載している。

(2020年04月14日 17時39分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ