山陽新聞デジタル|さんデジ

高梁市 防犯機能付き電話購入補助 特殊詐欺防止へ新制度

高梁市役所
高梁市役所
 高梁市は、高齢者を狙った特殊詐欺や悪質商法を防止するため、通話内容の自動録音などの防犯機能付き電話の購入補助制度を創設した。市内の販売店で購入した場合、購入費と設置費の半額(上限5千円)を助成する。

 対象は65歳以上の高齢者がいる市内世帯で、未登録の番号から着信があった時に注意を促したり、相手に通話を録音することを伝える音声を流したりといった機能のある固定電話。助成は1世帯1回限りで、電話番号を表示するための契約料は利用者が負担する。

 市は50件分に相当する事業費25万円を2020年度一般会計当初予算に盛り込んでいる。市ホームページか市役所窓口で入手できる申請書に必要事項を記入し、購入後1カ月以内に領収書や保証書の写しとともに市市民課か各地域局、市民センターに申請する。

 県警の調査では、19年の特殊詐欺被害の認知件数は102件(前年比11件増)で、6割強が最初に固定電話を介して犯人グループが接触してきたとされる。被害額は2億1860万円(同1億8410万円減)に上る。

 市市民課は「高齢化が進む中、制度を通じて市民の大切な財産を守れるようにしたい」としている。問い合わせは同課(0866―21―0254)。

(2020年04月14日 10時25分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ