山陽新聞デジタル|さんデジ

広島県知事 週末の外出自粛要請 新型コロナ感染防止、県内全域に

今週末の外出自粛を要請する湯崎知事=広島県庁
今週末の外出自粛を要請する湯崎知事=広島県庁
 広島県の湯崎英彦知事は10日、県庁で記者会見を開き、新型コロナウイルスの感染拡大を阻止するため、今週末は県内全域で不要不急の外出を自粛するよう県民に要請した。

 湯崎知事は県内の感染状況について「急拡大の兆しがあり県民の行動変容が必要」と強調。人と人との接触を可能な限り控えるよう呼び掛け、避けるべき場所や状況としてカラオケや宴会、スポーツジムなどを例示した。感染者の多い地域への往来自粛や企業のテレワーク導入も求めた。

 これまで県は夜間外出などを控えるよう促してきたが、患者が急増している県外の地域に近い状況になったと判断。保健所を設置している福山、広島、呉市と協議して要請に踏み切った。

 また県は、県立学校について基本的に授業を継続するが、広島市内の県立学校は同市の方針に合わせて、16日~5月6日の臨時休業を決めた。

【新型コロナウイルス エリアの最新ニュースまとめ】

(2020年04月10日 22時26分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ