山陽新聞デジタル|さんデジ

レジ前に“安心”カーテン 飛沫感染防止策で岡山のコンビニ

新型コロナウイルス感染防止のため、コンビニのレジ前に設置されたビニールカーテン=セブン―イレブン岡山錦町店
新型コロナウイルス感染防止のため、コンビニのレジ前に設置されたビニールカーテン=セブン―イレブン岡山錦町店
 天井からつり下げられた透明なビニールカーテン越しに、店員と客がやり取りする。コンビニのセブン―イレブン岡山錦町店(岡山市北区錦町)。会計時に新型コロナウイルスの飛沫(ひまつ)感染を防ぐため、新たに導入した対策だ。

 政府の緊急事態宣言を受け、セブン―イレブン・ジャパン(東京)はこの取り組みを全国の店舗に推奨。岡山錦町店でも「お客さまと従業員の安全のために」と8日、レジ前2カ所に取り付けた。イートインコーナーでは、座席を間引いて密集環境をつくらないよう工夫する。

 買い物をした高校3年生(17)は「塾が近いのでよく利用しており、配慮はありがたい」と話した。

(2020年04月10日 21時28分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ