山陽新聞デジタル|さんデジ

花王、品薄の消毒液を20倍増産 容器を自製、詰め替え用も

 花王本社=東京都中央区茅場町
 花王本社=東京都中央区茅場町
 花王は9日、新型コロナウイルスの感染拡大により品薄が続くアルコール消毒液の生産を、昨年比で20倍超に増やすと発表した。4月後半から和歌山工場(和歌山市)など国内4工場で増産する。不足している容器の一部を自社製にするほか、新たに詰め替え用も提供する。

 増産するのは、一般向けの「ビオレu 手指の消毒液」と、業務用の「ハンドスキッシュ EX」。政府の要請を踏まえて医療機関や介護施設にも提供する。

 3月時点で、昨年の約3倍のペースに増産していたが、急増する需要に追い付いていなかった。花王の担当者は「ようやく家庭に届けられる態勢が整った」と話した。

(2020年04月09日 12時13分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ